暦注とは?

ブログ

こんにちは、岩田です。

急に気温が下がり寒くなってきましたね。秋が近づいてきたのを感じます。

さて、今回は暦注についてお話します。

暦注とは?

暦注れきちゅう」について皆さんはなにかご存じですか?暦注と聞いてもあまりピンとこない方がほとんどだと思います。実は、曜日や二十四節気などが暦注なのです。前回までお話した「選日」も暦注のひとつです。「暦注」とは、暦に記される日時や方位などの吉凶、その日の運勢などのことを指します。

暦注は「上段」「中段」「下段」に分かれています。

上段

上段には

  • 日付
  • 曜日
  • 二十四にじゅうし節気せっき
  • 七十二しちじゅうにこう

といった天文学的なことや年中行事について記載されています。日付と曜日については割愛します。

 

二十四節気

二十四節気とは、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらに詳しくそれぞれを6つに分けて表記します。これは12の月をそれぞれ2つに分けた区分であり、「節」と「中」という呼び方をします。合計で24の季節の区分になります。

関連記事
手帳で見かける? 二十四節気とはなんだろう
こんにちは、原田です。 いよいよ5月も月末になりまして、過ごしやすい季節だった春が過ぎ去って、今年も夏を迎えようかという時期に差し掛かりましたね。 日本の祝日は2021年では16日あります。それら国民の祝日の1つに「春分の日」が...

 

七十二候

二十四節気は半月毎の季節の変化を表現していますが、これをさらにおおよそ5日ごとに分けて、天気や動植物の変化を表すのが七十二候です。

関連記事
七十二候とはなんだろう-その①春
こんにちは、原田です。 季節の区分として、二十四節気という一年間の春夏秋冬をそれぞれ6つ、24の季節に分けて表現する区分がありましたね。 ※参考  今回はそれをさらに細分化して表している、七十二候し...

 

中段

中段には「十二じゅうにちょく」が記載されています。

 

十二直

たつ」「のぞく」「みつ」「たいら」「さだん」「とる」「やぶる」「あやぶ」「なる」「おさん」「ひらく」「とづ」からなるもので、北斗七星の動きを吉凶判断に用いた暦注です。

 

下段

下段には

  • 選日せんじつ
  • 二十八にじゅうはっ宿しゅく
  • 九星きゅうせい
  • 暦注れきちゅう下段げだん

があります。

 

選日

十干十二支の組み合わせによってその日の吉凶を占うものです。よく聞く「一粒万倍日」や「不成就日」などもこちらの選日です。

関連記事
一粒万倍日や不成就日の法則①
こんにちは、岩田です。 GWも終わり、今年は早めの梅雨入りという話も出ています。社内は湿度がすごく、机がベタベタするので、暑さを我慢して長袖で仕事をしております。 さて、今日のテーマは「一粒万倍日や不成就日の法則」についてです。...

 

二十八宿

天の赤道付近の28の星座をもとに、その日の吉凶を決定します。

 

九星

一白いっぱく」「二黒じこく」「三碧さんぺき」「四緑しろく」「五黄ごおう」「六白ろっぱく」「七赤しちせき」「八白ふりがな」「九紫きゅうし」の九つを五行や十干十二支などに割り当て、運勢や方位の吉凶を占うものです。

 

暦注下段

日々の吉凶を占うものです。迷信的な要素が多く、日本では政府から何度も禁止されている暦注です。

 

 

 

今回は暦注をとりまとめました。次回からは十二直をはじめ、説明をしていないところの関連記事を書いていこうと思います。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました