文字を書くのが楽しくなる!?小学生向けのオススメ文房具はこちら!

ブログ

こんにちは、岩田です。

文字を書く上で欠かせないのは筆記用具。今回はお子様が文字を書くのが楽しくなるような文房具を3点ご紹介したいと思います。

日輪刀型鉛筆&キャップセット

サンスター文具株式会社様から、皆さんご存知大流行の「鬼滅の刃」日輪刀型鉛筆&キャップセットです!こちらの商品はそれぞれのキャラクターの日輪刀をモチーフにした鉛筆とキャップになっています。鉛筆の濃さは2B、形は丸型となっております。

種類は5種(竈門かまど炭治郎たんじろう我妻あがつま善逸ぜんいつ栗花落つゆりカナヲ、冨岡とみおか義勇ぎゆう煉獄れんごく杏寿郎きょうじゅろう)、中身はランダムとなっており、開封するまでどのキャラクターかわかりません。

全5種、中身はランダム

さて、なにが入っているのでしょうか。開封してみると・・・

煉獄さんの日輪刀でした!うまい!!!(このネタしか分からない)

刀を横に掛ける刀架とうかも付いており、組み立てると鉛筆を飾ることもできます!刀架は紙で作られており、組み立て時に力を入れすぎると折れる予感がしたので、力のかけ具合には注意が必要かもしれません。

久々に鉛筆で文字を書きました。ちなみに炎は出ませんでした。丸型の鉛筆なので、ペングリップがあると良いかもしれませんね。

この鉛筆でこどものやる気があがり、親が鬼にならないことを願っております。

ハシレ!エンピツケズリ!

続いてはプラス株式会社様のハシレ!エンピツケズリ!です。車の形をした鉛筆削りで、鉛筆をセットしたら車を走らせるだけで削れるというスグレモノ。削るという行為に楽しさを持たせたところが魅力的です。対象年齢は5才以上となっております。ちなみに色はイエロー、レッド、ブルーの3色があります。内容物は本体と予備の替刃、説明書が入っています。

後ろから鉛筆を差し、上に付いているロックをかけます。あとは車を走らせるだけ!

なんと、前だけでなく後ろに走らせても削ることができます!動画の音を聞いてもらえればわかりますが、削り終わると「カチカチ」と音が出ます。楽しくなってきたところで終わってしまう絶妙な時間が、また車を走らせたいという気持ちを余計に駆り立てます。

上部のフタを取れば削りカスが出てくるので、あとはゴミ箱でトントンと捨てるだけです。

ちなみに裏側には名前を記入する欄もあります

実はこの「ハシレ!エンピツケズリ!」、独自の見た目に装飾するのが流行っています。色を塗ったりシールを貼ったりして、オリジナルカーをつくるのも面白いですね!

富士山消しゴム

最後はこちらもプラス株式会社様から、富士山消しゴム!横から見たところ普通の消しゴムですが、上から見ると色のついた消しゴムの中に白い消しゴムが入っています。消していくことによって、次第に富士山のような見た目に変わるのです!

青富士と赤富士のセット。箱の色はそら。

一個入りのものもあったのですが、二個入りの箱がとてもオシャレだったのでつい二個入りを買ってしまいました。

箱の色はそら、しろ、あかねの3色で、箱の色によって消しゴムカバーのイラストが変わっています。計6種のイラストがあり、3色すべての箱を揃えることでコンプリートできます。

ここで写真の消しゴムカバーのイラストに注目していただきたいのですが、なんと背景が繋がっています!全種揃えるとすべてのカバーがきれいに繋がる仕様となっています。

さて、消しゴムで一番大事なのは文字が消えるかどうかです。いくらデザインが良くても消えなければ意味がありません。文字を消してみると・・・

とてもきれいに消えました!こちらの消しゴムはエアインと呼ばれるもので、多孔質セラミックパウダーの働きでいつもカドで消しているような感触が実感でき、さらに消しゴム粒子が黒鉛粒子を包み込むことで、筆跡をきれいに消すことができるのです!カバーも丈夫で力を入れやすいです。

2個入りを購入してお子様とどちらが綺麗な富士山を作れるか勝負してみるのも面白いかもしれませんね!

 

 

いかがだったでしょうか。

夏休みの終わりに宿題に追われないよう先手を打ってやる気を出してもらうのもいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました